AFTER SCHOOL TOYOSHIKIDS

AFTER SCHOOL TOYOSHIKIDS

春季利用(4月1日~入学式前日まで)/通常利用(入学式以降 放課後~18:30まで)

通常利用のお申込はこちら

春季利用のお申込はこちら

教育理念
子どもたちだけで遊べる環境が失われつつある今、当園では、子どもたちに安心して遊べる環境を提供します。
教育方針
豊四季幼稚園の教育方針である「のびのび(けじめの心)、いきいき(挑戦する心)、たくましく(自立と自律の心)」を基本とします。
教育内容
豊四季幼稚園の教育内容である「挨拶、立腰、体力、ハイという返事、履物を揃える」を基本とします。
「遊び」:異年齢の子どもたちとの関わりを通して思いやりの心を育てます。
「体験」:様々な体験活動を通して興味関心好奇心を育てます。
「学習」:宿題をしたり、国語や算数の知識が身につく活動を取り入れたりする事で「10歳の壁」を乗り越えます。
※「10歳の壁」とは、小学4年生あたりから教科内容が難しくなり、算数などは慣れない文章題の増加によって、これまで計算は得意だった子がいきなりつまずいてしまう、そんな時期を意味します。また、小学3年生にあたる9歳までは、年齢を言う際、「8つ、9つ」と「つ」の文字がつきましたが、10歳からはこの「つ」が取れます。児童期から思春期へと向かうこの時期は、子どもが心身ともに大きく変わる過渡期ともいえる時期です。本当はまだ一緒にいたいのに、「パパと一緒じゃいや」とか「ママ、来ないで」などと言うようになって、親子関係が微妙に変化する現象が起きやすい時期でもあります。まず「10歳の壁」です。9歳までの脳は、驚くほど速く大量の知識を吸収し記憶します。動植物の名前を覚えたり、九九や漢字を丸暗記したりするには最適の年齢です。それが10歳以降になると、丸暗記能力はしだいに低下し、逆に知識と知識を組み合わせて考えたり、経験を加味して物事を見たりするように変わっていきます。これまで結果が出ていない子どもの場合は、小学3年生までの基礎をもう一度、繰り返して勉強しておくことをおすすめします。
この段階ですと、まだ腕に覚えがあるパパやママなら算数や国語を教えることは可能ですし、夏休みや春休みを利用して塾などで基礎固めをさせるのも手かもしれません。勉強は、わかるようになると面白くなり、わからなくなると途端に苦痛に感じるものです。
算数で言えば、正確に速く計算するというだけでなく、紙に書かれた立体を見て断面図が想像できるかどうか、時間はかかっても、実際に冷蔵庫に入っている豆腐や野菜などを使って親子で遊び感覚でやってみる、あるいは、図形の面積を問う問題で、どのように考えればいいかとか、他に解き方はないかなど、親子で考えてみるのもいいでしょう。
国語の作文などもそうですが、頭の中で試行錯誤する面白さ、「あっ、これだ」とひらめいたときの爽快感を体感させておきたいものです。
パパやママは、子どもが答えを速く正確に出すこと、短い時間に文章をまとめることを望むのではなく、時間がかかっても、「あっ、そうか」と自分でわかること、そして、頭の中で、書き出しからまとめまで「ああだ、こうだ」と考えるプロセスを大切にしていただけたらと思います。
運営方針
・より安全で安心して預けられる環境を提供していきます。
・「遊び(縦割り)」「体験活動(自然、生活、職場)」「学習(読解力、計算力)」を行います。
・園内で行われている課外教室への送迎を行います。
<時間・料金・活動モデル>
※長期で利用の際、早朝の7:30~または、延長の18:30まで利用する場合、追加の料金がかかります。
説明会
平成30年1月19日(金)17:30から幼稚園で行います。(ちゅうりっぷ組保育室予定) 現在通園している年長学年には1月に連絡アプリで参加・不参加をお聞きします。
申請方法
HPより平成30年1月29日(月)12:30スタート
⇒先着順で決定後、後日契約書と就労証明書を提出し手続きが完了致します。
なお、【長期】希望者は<その他希望>に○○月長期希望も一緒に入力して下さい。
対象・定員
・1年生クラス(平成23年4月2日~平成24年4月1日生)6名
・送迎は行いませんので放課後、お子様自身で登園できる世帯。
・平成30年度は在籍している2年生と新1年生の合同クラスとし段階的に募集していきます。
(平成30年1月19日現在)
お問合せ
豊四季幼稚園 TEL:04-7157-4152

通常利用のお申込はこちら

春季利用のお申込はこちら